ヒートショック

これから迎える寒い冬。

入浴の際、暖房で暖まった部屋から寒い浴室に行くと「ヒートショック」を引き起こす可能性があります。ヒートショックは命に係わる非常に危険なものです。

今回は、ヒートショックについてとその原因、また対策法をご紹介します。



ヒートショックとは?

ヒートショックとは、急激な温度の変化により血圧の乱高下や脈拍の変動が起きることです。

冬場、温かい居室から寒い浴室に移動したときなどに起こりやすく、脳出血や心筋梗塞などの深刻な疾患につながる恐れがあります。

つまり、急激な室温の変化は非常に体への負担が大きくなるということです。


ヒートショックの死亡者は交通事故の約3倍!

2011年には、ヒートショックの死亡者が交通事故での死亡者の約3倍にものぼったというデータもあります。


交通事故で亡くなる方も多い印象ですが、昨今ではそれを上回る勢いでヒートショックで亡くなる方が激増しています。

 

出典:東京都健康長寿医療センター研究所「高齢者の入浴中の急死に関する調査」 2011年 総務省統計局「平成23年中の交通事故死亡者数について」
出典:東京都健康長寿医療センター研究所「高齢者の入浴中の急死に関する調査」 2011年 総務省統計局「平成23年中の交通事故死亡者数について」

ヒートショックを防ぐには

ヒートショックを防ぐポイントは「温度差を極力少なくする事」です。

いくつか対策をご紹介します。

 

<対策1>入浴前に脱衣場・浴室を暖めておく

温度差解消のために、浴室や脱衣場をあらかじめ暖めておきましょう。

 

浴室暖房機があれば安心・安全ですが、暖房機が無いお宅では熱めのシャワーで浴槽にお湯を張ることで、浴室内が蒸気に包まれて暖かくなります。

 

脱衣場は、小さめの暖房器具を置くか、浴室との間のドアを開けて蒸気を脱衣場に流すことで暖気を確保しましょう。

 


<対策2>温度の高いお湯につからない

温度が高い(42℃程度)お湯につかると血圧変動がさらに大きくなるという結果も出ています。お湯の温度はあまり高すぎない38~40℃程度を心掛けましょう。