夏の暑い時期に注意!

夏の暑い時期は、たくさんの汗をかくことで、体内の水分量が減少しやすい時期です。

この時期に発生しやすい疾患に「尿管結石」があります。
夏季は他の時期に比べて特に多く結石発作が起こるといわれています。

尿管結石とは、腎臓でできた結石が尿管に詰まってしまったものをいいます。
肝臓にあるうちはあまり痛みを感じませんが、結石が尿管に出て途中で詰まってしまうと激しい痛みに襲われます。
結石の成分は8~9割がカルシウムです。
男性の7人に1人、女性の15人に1人が、一度は経験するといわれています。
(知人が患ったことがありましたが、本当に痛いそうです…。)

一般的な治療としては、4ミリ以下の結石は自然に拝石される可能性が高いので、拝石を促す薬物治療を、4ミリより大きい場合には体外衛撃破砕石術(ESWL)や内視鏡治療が選択されます。

予防としては、水分を多くとりましょう!!
水分不足の状態では、尿が濃縮されて結石ができやすくなります。
1日2L以上の水分補給を心がけましょう。
トイレに行きたくなるからと言って飲まないのはダメ!ですよ!

沢山水分をとって、楽しい夏を過ごしましょう♪

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、スーツ