もうすぐバレンタインですね

皆さんこんにちは!

2月3日の節分が終わり、コンビニやスーパーの節分コーナーが一転、チョコレート一色となりました🍫

もうすぐバレンタインデーなので、今回はチョコレートについてお話したいと思います💝🍫

甘くて美味しくて子供から大人まで人気のお菓子「チョコレート」。チョコレートは、これまでの長い歴史の中で、嗜好品だけでなく、栄養の面からもユニークな食品として、疲労回復やエネルギー源として用いられてきました。

チョコレートには、タンパク質,脂質,糖質,食物繊維,ミネラル類,カカオポリフェノール,テオブロミンが含まれおり、特に、カカオポリフェノールには様々な効果が期待できます。

①血圧低下
血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、カカオポリフェノールをとることで、血管を広げる作用が期待できます。
②動脈硬化予防
動脈硬化を引き起こす原因のひとつは、体内に生じる活性酸素によってコレステロールが酸化されることです。カカオポリフェノールは強い抗酸化力で、酸化を抑える働きが期待できます。
③美容効果
カオポリフェノールは、肌老化の原因のひとつである「活性酸素」が引き起こすトラブルを防ぐことが期待できます。
④アレルギーの改善
アレルギーの発症には過剰に作られる
「活性酸素」が関わっています。カカオポリフェノールは、この活性酸素を生み出すさまざまな因子の働きを抑制することが報告されています。
⑤脳の活性化
カカオポリフェノールは、脳の栄養といわれる「BDNF」に働きかけ、認知機能を高められる可能性があります。

カカオポリフェノールは、「カカオ●●%」と表記されているハイカカオチョコレートやビターチョコレートなど、カカオ分が多いチョコレートに多く含まれています。

ただし、チョコレートの過剰摂取をすると肥満,歯周病,糖尿病,高脂血症を引き起こす原因となるので、正しい摂取量を守っておいしくチョコレートを食べましょう🍫🍫🍫

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物