創業70周年のご挨拶

 

皆様には、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

佐藤興産株式会社は2020年をもちまして、創業70周年を迎えることができました。

この記念すべき70年という節目の年を迎えることができましたのも、ひとえにお客様・ご関係の皆様の温かいご支援やご愛顧の賜と心より感謝いたしております。

 

1950年(昭和25年)5月、福島県出身の佐藤家は、大宮市吉敷町(現さいたま市大宮区吉敷町)に「佐藤商店」を開業し、埼玉県内を中心に「御得意様が財産である」の社是の下、家庭用・業務用LPガス及び住宅設備機器の販売、各種石油類の卸売、健康事業の運営を行ってまいりました。

 

70周年の記念の年ということで、本来であれば、皆様へ感謝をお伝えするイベントや式典等を開催する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により、それらを行うことが難しい状況となってしまいました。非常に残念でなりません。

 

当社はこれからも、お客様の様々なご要望にお応え出来る柔軟さ、他社に負けないスピード感を備えた【オールラウンドライフサポートカンパニー】を目指し、全スタッフが一丸となり努力を怠ること無く精進していく所存でございます。

 

今後とも佐藤興産グループをご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

最後になりましたが、皆様方のより一層のご多幸を心より祈念申し上げます。

 

 

佐藤興産株式会社

代表取締役社長 佐藤 一博

社長インタビュー

佐藤社長が佐藤興産で働いてきた中で、印象に残っているエピソードを教えていただけますか?

一番記憶に残っているのは東日本大震災の時です。

 

金曜日の午後、急にあたりが揺れて、テレビをつけて地震速報を見たら各地が大変なことになっていました。

 

弊社で供給させていただいている簡易ガス(一つの団地内において導管でガスを供給すること)エリアの本管が一か所停止してしまい、300世帯ある内の100200世帯ほど、ガスが使えなくなってしまいました。その為、社員総出でボンベの仮設置を2日間かけて行いました。復旧に行った社員は午前2時まで会社に帰って来れなかったのを覚えています。

 

また、2011年はガソリンスタンドを3店舗営業していました。

 

 

ガソリンが無くなる、という報道があり整理券を配るなどの対応をしましたが、ガソリンスタンドに長蛇の列ができてしまいましたね。いつ、どのスタンドに何の油種が入ってくるかが分からなかった為、朝から待機して油種を確認するなど多忙な日々を2・3週間ほど過ごしたので、一番記憶に残っています。

社員に対して求める基本的価値・クレドなどはありますか?

これらは、佐藤興産の社是に集約されています。

◎佐藤興産株式会社 社是

一、頭を使って 知恵を出せ

一、知恵を出せないものは 汗を出せ

一、苦楽を両手に 何れを先に

一、運をまつより まず実行

一、御得意様が財産である

社員の皆さんには「謙虚さ」を大事に、業務を行っていただきたいです。

 

言葉遣いや身なりに気を付ける、うやむやな行動や中途半端な行動はしない、お客様に正しい答えを提供し、納得いただくまで説明するそうしてお客様との信頼関係をしっかりと築いてから商品を買っていただく、サービスを提供していくことが営業活動では大事だと思います。

 

また、佐藤興産70年の歴史の中で積み上げてきたものを大事にしつつ、お客様の様々なご要望にお応え出来る柔軟な対応や世の中に合わせた業務を社員一人ひとりに行っていただきたいと思います。

今後の目標を教えていただけますか?

やはり、一番は事業の継続です。

 

勤めてくれている社員を路頭に迷わせるわけにはいかない為、時代に合わせた事業や売り方を。

 

社員の皆さんには知識力や営業力などの個々のスキルアップをしていただきたいです。

 

口で言うのは簡単ですが、一番難しいことなので社員一同、頑張って参ります。