美肌

肌トラブルは睡眠不足やストレス、乱れた食生活などの表れです。食事を見直して、体の中から綺麗で健康な肌を目指しましょう。今回は、お肌に良い食材と食材を使用したレシピをご紹介いたします。

 

食材

かぼちゃ

かぼちゃのオレンジ色を構成しているβ-カロテンは、粘膜や皮膚を丈夫にするため美肌づくりに役立ちます。さらに、皮膚を丈夫にし、コラーゲンの生成に不可欠なビタミンCも含まれています。

ぎんなん

銀杏に含まれているカロテンには抗酸化作用があり、体内の酸化を予防する他、体内でビタミンAに変換され、粘膜保護をするなどの働きもあります。さらに、皮膚を丈夫にし、コラーゲンの生成に不可欠なビタミンCも含まれています。

まいたけ

まいたけには肌荒れを防ぐ「ビタミンB2」と「ナイアシン」、お肌の潤いを保つ「トレハロース」、シミやそばかすの原因となるメラニンの活性化を抑える「チロシナーゼ阻害物質」が含まれています。これらにより、美白効果や、ストレスが原因で起こる肌荒れを予防・改善する働きがあります。

ぶなしめじ

ぶなしめじに含まれている「オルニチン」には、アルコールの分解を助ける働きの他に、肌のターンオーバーを促進する効果もあります。肌が乾燥したり、くすんだりなどの、あらゆる肌トラブルに効果があるといわれています。

牡蠣

牡蠣に含まれている「亜鉛」には、細胞分裂を活性化させ皮膚の再生を促進する効果があるといわれています。牡蠣にはその亜鉛が豊富といわれている豚肉の3~5倍(可食部100gあたり)も含まれ、皮膚の再生を促してターンオーバーを正常化し、肌荒れの改善、アンチエイジング効果、シミなどの改善が期待されています。

鮭には、ビタミンEやビタミンBが豊富に含まれており、血行促進の作用があります。綺麗な肌を保つためにはビタミンは必須です。さらにアンチエイジングとして注目されている「DMAE」は筋肉を引き締める効果があり、たるみやシワの改善も期待されています。

白菜

白菜には、美肌効果のあるビタミンC、整腸作用のある食物繊維などが含まれています。

れんこん

レンコンは、ビタミンCを非常に多く含む野菜としても知られています。暑さ約1㎝のレンコンで、レモン1個分と同じくらいのビタミンCが含まれており、このビタミンCには、皮膚を丈夫にし、コラーゲンの生成を助けてくれる役割があります。

小松菜

小松菜に含まれている「カロテン」には抗酸化作用があり、体内の酸化を予防する他、体内で「ビタミンA」に変換され、粘膜保護をするなどの働きもあります。さらに、皮膚を丈夫にし、コラーゲンの生成に不可欠な「ビタミンC」も含まれています。

さつまいも

さつまいもには皮膚の健康維持に役立つビタミンCや、細胞の老化を防ぐビタミンEなど、肌の健康に欠かせない栄養を含んでいます。

りんご

りんごはお肌にとっても良い食べ物です。メラニン色素の生成を抑える働きのあるビタミンC、抗酸化作用を持つりんごポリフェノールやβ-カロテンなどが含まれています。シミやそばかすは体が酸化することでできるため、抗酸化作用のある成分は美肌や美白に良いです。

これらの食材を使ったおすすめレシピ

創業70周年記念開催の「おうちごはんコンテスト」にご参加いただきましたお客様から頂いたレシピをご紹介しております。

レシピダウンロードはこちら
ダウンロード
楽チン手羽元と秋野菜サラダ.pdf
PDFファイル 162.1 KB
ダウンロード
シメジと牡蠣のバター風味炒め.pdf
PDFファイル 122.5 KB
ダウンロード
秋鮭としめじの生姜土鍋ご飯.pdf
PDFファイル 120.1 KB

ダウンロード
秋の煮ぼうとう.pdf
PDFファイル 111.5 KB
ダウンロード
きのこたっぷり山形風芋煮.pdf
PDFファイル 163.9 KB
ダウンロード
パンプキンマフィン.pdf
PDFファイル 155.4 KB

ダウンロード
りんごの花びらパンケーキ.pdf
PDFファイル 162.3 KB
ダウンロード
簡単!秋野菜と豚肉のオイスターソース炒め.pdf
PDFファイル 136.2 KB